2020年の振り返りと2021年の目標

2020年の振り返りと2021年の目標

COLUMN

どうも鉛です。

2020年、実は密かに掲げていた目標がありました。それは

「変化」

結果的に自分が変化というより世界が変化した1年でした。

なぜ変化を目標にしたのか。それはずっと違和感を抱えて過ごしていたから。

去年もだけどその前から仕事や人生に対してモヤモヤとした気持ちがずっとありました。本当にこのままでいいのだろうか。今の生活をこの先も続けて果たして楽しいのか。なんか違うな、と思ったのです。

そこで、ずっとやろうやろうと思っていたこのブログ「重生活MAgazine」を始めました。これを始めてなにか目に見えて変わったかというと・・・正直あまり大きな変化は感じてません。でも、今まで溜め込んでどこにも出さなかった気持ちを出すことが少しできたかなと思います。アウトプットする習慣。とはいえ、更新頻度はめちゃくちゃ低くて、月に一回あるかないか。毎週更新できたらいいななんて思っていたら、一気に仕事が忙しくなってそれどころじゃなくなったり、土日もなんやかんやでだらけてしまい、あーまた更新できなかったなと後悔しては翌週を迎える・・・そんな始末でした。

果たしてこれで変化といえるのか。本当に変化したいならもっと本気で取り組んだほうがいい。そんな気がしてきたのです。

そこで、今年2021年の目標は

「与」

この「与」には与えるという意味のほかに一緒に力を合わせる、仲間になるみたいな意味もあります。

今まで割と人と関わるのが嫌で、一人で行動してきたわけなんですが、もう少し周りの人と一緒になにかやれたらいいなと、そう思うわけです。この心境の変化は割と大きい。

そして与える。別に誰かに奢ったりお金をあげたりするわけではなくて、自分が持っている考えや知識、技術を他の人に使えないだろうかと、そう思うわけです。

正直まだ自分でもちゃんと認識できているわけではないんだけども、気づかないだけで意外といろんなものを持ってたりするのかなと。自分では大したことないと思うもの、造作もなくできてしまうことも、他の人にしてみればなかなか難しいこともあるのかもしれない。

なので、なんというかもう少し周りの人間と一緒になにかやったり力になりたい、なんて考えています。いや、考えてるじゃなくてやります!

このままモヤモヤした人生を送りたくないので今年は本気で行動に移す。自分の人生をコンテンツに。そんなことを考えてました。今年もよろしくお願いします。